人気ブログランキング |
ブログトップ

AromaRoomへようこそ

ayakongg.exblog.jp

精油は水に混ざらない



d0186518_16523145.jpg
手作りローション作りました。

***レシピ***

シスタスウォーター
グリセリン
エタノール
シスタスEO
タナセタムEO


シスタス
学名: Cistus ladanifer
地中海地方から中東にかけて生息する
ハンニチバナ科ゴジアオイ属
葉及び小枝から蒸留される
「ロックローズ」として知られる植物です。


タナセタム
学名:Tanacetum annuum
キク科・葉から採れます。
カマズレンが含まれているので
インクのような濃紺色の精油です。



どちらの香りも濃厚で
独特な個性派
好き嫌いがハッキリと分かれる
そんな香りです。


私はシスタスを
「仙人の香り」と呼び

タナセタムを
「おっさんの頭の香り」と
呼んでいます。


香りのイメージ力が
激しく乏しいセラピストで
ございますが・・・。


おっさんの頭の香りと言っても
頭皮や加齢の臭いではなく

素敵な紳士がつけそうな
ポマードのイメージ?


濃厚で、甘く、スモーキー
なんとなく酸味もあるような
そんな香りでしょうか??


イメージですよ、
私のイメージです。


そんな個性派な2種類の香りを使って
ローション作ったんですけれど

これがいいんですよ~


なんだかエキゾチックな
ばあちゃんの家の香り


今度は
ばあちゃん登場か?

それも

エキゾチックなおばあちゃん??


ん・・・
何て表現したら良いのだろう・・・


サンダルウッドとミルラと
ばあちゃんの家の
お線香の香りを
混ぜたような香り

っかな?



で、書きたかったのは
香りのイメージじゃなくて


水と精油を使って
手作りローション作る時に


水と精油は、
「混ざらないよー!」
ってことが、書きたかったの。


ブルー色の「タナセタム」の精油が
水に浮いているの
写真を見て分かりますか?


精油はに似た性質を
持っているので
水に入れても混ざらないのよ。


たとえエタノールやグリセリンを
使って先に精油を乳化させたとしても
全ては混ざりきらない。


だから使う前に
よーく振って使わないとね。


それと、
肌に刺激になるような精油は
はじめから使わない方が
良いということ


どんなに振っても
時間が経つとこうして
水と精油が分離します。


プラスチックの容器に精油が触れれば
プラスチック容器だって
変形しちゃう場合もあるのです。


特に「リモネン」の成分が入った
精油は注意ですよー
(レモン・オレンジ・グレープフルーツ・・・)


気を付けましょうね。



d0186518_15110472.gif

シスタスは「しわ」に良し
タナセタムは「痒み」に良し


■AromaRoom ホームページ 
http://www.aromaroom-salon.com/

■石けん情報→ ★★★


by ayakongg | 2015-12-09 20:21 | アロマ
<< 本日のバスタイム 「冬のココアバター」 >>