人気ブログランキング |
ブログトップ

AromaRoomへようこそ

ayakongg.exblog.jp

Pelargonium graveolens

d0186518_15383796.jpg


和名:ニオイテンジクアオイ(匂天竺葵)
別名・異名:ゼラニウム/ローズ ゼラニウム/ペラルゴニウム グラヴェオレンス/センテッド ゼラニウム/トゥルー ローズ ゼラニウム
学名:Pelargonium graveolens/Pelargonium asperum
科名:フウロソウ科
抽出部位:
主な原産地:南アフリカ レユニオン島 マダガスカル エジプト モロッコ フランス 中国 イタリア
抽出方法:水蒸気蒸留法
成分:モノテルペンアルコール類:シトロネロール ゲラニオール リナロール エステル類:蟻酸シトロネリル ケトン類:イソメントン
など



*memo*

・ゼラニウムは生育する場所や環境によりケモタイプが分かれる植物。学名、科、属、種が同じでも、植物が生育する環境(土壌・気候)が違うと成分のバランスが大きく変化する場合がある。

・エッセンシャルオイルの世界ではペラルゴニウム属の中でも葉や茎など全草に香りを持つasperumeやgraveolensの総称で広く「ローズゼラニウム」と呼ばれているものをさす。エッセンシャルオイルのショップによっては、ゼラニウムとローズゼラニウムを区別して呼んでいるところもあるが(基本どちらで呼んでも間違いではない。)混乱しないためにもエッセンシャルオイルを選ぶ時は学名原産地を確認する。

・ゼラニウムの抽出部位が「花と葉」となっているエッセンシャルオイルをよく見かけるが、ゼラニウムの抽出部位は「葉」とAEAJで学んだのだが…?分かる人がいたら教えてください。ひどいショップになると抽出部位が「花」となっていることがあり、それはかなり適当だと思われます(笑)


ゼラニウム Pelargonium graveolens は南アフリカが原産ですが、他のゼラニウム種(pelargonium)と交配させることによってさまざまな栽培変種が作られ、エジプト、北アフリカ、中国、レユニオン島など、特に熱帯の地域で栽培されるようになりました。

これらの栽培変種も南アフリカ原産のものと形態的に見てほとんど違いがないため、ラテン語の植物学名では同様に Pelargonium graveolens と呼ばれています。pelargonium という名は、ゼラニウムの実の形がツルのくちばしの形に似ていることから、ギリシャ語でツルを意味する pelargosという言葉に由来しています。graveolens はラテン語で「強い香り」という意味です。

ゼラニウムのエッセンシャルオイルはしばしば香水の原料として使われています。 非常に濃厚な香りを持ち、やや繊細さに欠けるもののローズを思わせる甘い香りがするため、英語の慣用名では"Rose-scented pelargonium(ローズの香りのするゼラニウム)"と呼ばれています。 出典:パナセア・ファルマ 日本エステル社/ ゼラニウムの特徴



※まだ続く予定



# by ayakongg | 2019-03-03 11:29 | アロマ | Comments(1)

バレンタインに間に合わない石けん



d0186518_16481764.jpg



「ハニー&カカオ アルガン石けん」

毎度のことですが、バレンタインには間に合わない石けんです。いつものアルガン石けんに、カカオとはちみつを入れてみました。寒い冬はこってりな保湿系の石けんが作りたくなります。香りも食べたくなってしまう美味しいアロマブレンド♡ 2月25日解禁予定。





d0186518_23302480.gif

潤う美味しい石けん


■AromaRoom ホームページ 
http://www.aromaroom-salon.com/

■石けん情報→



# by ayakongg | 2019-02-11 17:20 | 石けん(あれこれ) | Comments(2)

Tanacetum annuum

d0186518_23570673.jpg


通称:タナセタム
別名:Blue Tansy, Moroccan Blue Chamomil
学名:Tanacetum annuum
科名:キク科/多年草
部位:葉・花房
主な原産地:モロッコ
抽出方法:水蒸気蒸留法
色:濃い青緑色
代表成分:カンファー、サビネン、カマズレン、デハイドロカマズレン、α-フェランドレン、β‐ミルセン、β‐ピネンなど



体への効能

・抗ヒスタミン作用
・抗アレルギー作用
・鎮掻痒作用
・鎮静作用
・抗ウイルス作用
・鎮咳作用


皮膚への効能

・炎症性皮膚炎
・アレルギー性皮膚炎
・皮膚の痒み緩和
・創傷治癒作用




タナセタムはモロッコなどで栽培されているキク科植物で、ブルータンジーとも呼ばれるが花自体は黄色をしている。
ブルーの由来は成分にカマズレン(アズレン誘導体)を含むことで精油が濃い青色をしているためである。この青は、水蒸気蒸留の過程で化学変化を起こしてカマズレンが生成する。カマズレンは炎症を抑える作用が非常に強く化粧品などにも使用される。抗アレルギー作用、抗ヒスタミン作用、鎮掻痒作用、肌組織再生作用があり、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患や痒みを伴う炎症に効果が期待できる。

タナセタムの精油は5mlで約10,000円ほどと高価な分類に属し、流通も少なく香りも独特なためメジャーな存在とは言えないが、近年アトピー性皮膚炎を始めとしたアレルギー疾患で悩んでいる人が多くなるなかで、注目されるようになってきている。私の皮膚もトラブルを起こしやすいタイプなのでタナセタムは無くてはならない存在である。

d0186518_22335001.jpeg

私は、手作りのシアバタークリームに必ずタナセタムを入れる。

「シアバタークリーム」
未精製のシアバター+ホホバオイル(20%)+精油(2%)



ここ最近の肌のお手入れは、手作りのシアバタークリームのみで、顔もカラダもこれ1つで済んでいる。めったに化粧水は使わないが、クリームの塗るタイミングがあり、お風呂上りに肌が乾く前に塗り込むことである。そのおかげか乾燥肌で悩むこともなく、前に比べて肌が柔らかくなった気がする。

シアバターには肌馴染みの良いオレイン酸、ステアリン酸が主な成分で、更にトリテルペンアルコール(肌を柔らかくする)やトコフェロール(皮膚の保護や老化防止効果)、カロチノイド(皮膚や粘膜の再生を助け丈夫にする)をはじめとした豊富な微量成分が多く含まれており、保湿効果や肌を保護、再生する力があるといわれている。シアバターを精製してしまうと大切な微量成分が失われてしまうため、質の良い未精製のシアバターを選ぶのが良い。

d0186518_23302480.gif
タナセタムって情報や資料が少ない…



■AromaRoom ホームページ 
http://www.aromaroom-salon.com/

■石けん情報→



# by ayakongg | 2019-02-10 22:40 | アロマ

これからのブログは・・・

d0186518_17393693.jpg


これからは、少しずつアロマのことなど
専門的な内容を、自分の為の記録として
ブログに残そうと考えています。

自分の為なので、専門的な内容や
偏りのある内容になるかもしれませんが

どうぞよろしくお願いいたします。



d0186518_23302480.gif

何の為のブログなのか?
最近考えさせられているワタシ。


■AromaRoom ホームページ 
http://www.aromaroom-salon.com/

■石けん情報→




# by ayakongg | 2019-02-10 22:39 | その他 | Comments(0)

アロマテラピーで風邪予防


風邪やインフルエンザが流行る季節に
あると便利なレスキューアロマをご紹介




プラナロム社の
精油入り(濃度1%)はちみつです。

左から

「プラナロムハニー・グログ」
・ユーカリ グロブルス
・レモン
・ニアウリ シネオール
・アカマツ ヨーロッパ
・シナモン カッシア
活力のある精油のブレンド



「プラナロムハニー・ソミュ」
・マンダリン
・カモマイル ローマン
・ラベンダー アングスティフォリア
・レモングラス
リラックス効果のある精油ブレンド



d0186518_16284020.jpg
温かい飲み物やヨーグルトに等に
入れてお召し上がりください。
って書いてあったけれど、


わたしは、スプーンですくって
そのままペロリと舐めています。


はちみつの甘さと精油の香りを
口の中で楽しみたいから
余計な味はいらないです。


精油を舐めたことが無い人、
舐めてはいけないと
思っている人にとっては

ちょっと強烈に感じるかも?


わたしはこういう商品が
好きですけれどね。

d0186518_16275145.jpg



直接肌に塗れる
ブレンドされたエッセンシャルオイル 2本

肩こり、頭痛、風邪や花粉症予防に
役に立ちます。


左から

プラナロム
「プラナフォース・ローション」
・カユプテ
・ラベンダースーパー
・ユーカリ.ラディアタ
・ユーカリグロブルス
・ニアウリCT1
・ローズマリー.シネオール
・アカマツヨーロッパ
・ペパーミント
・ラヴィンツァラ


パナセア・ファルマ
「イムネオール100」
・ユーカリラジアタ
・ユーカリグローブルス
・ラヴィンサラ
・ローズマリー・シネオール
・ティーツリー
・コーンミント
・ラバンジン・アブリアリス
・カユプテ
・クローブ



個人的には、

イムネオール100の香りの方が
好みです♡


☆過去の記事
「花粉症におすすめアロマ」


d0186518_23302480.gif
ここ数年
風邪らしい風邪をひいていない


■AromaRoom ホームページ 
http://www.aromaroom-salon.com/

■石けん情報→




# by ayakongg | 2019-02-07 18:11 | アロマ | Comments(2)