人気ブログランキング |
ブログトップ

AromaRoomへようこそ

ayakongg.exblog.jp

「アルガン石けん」



「アルガン石けん」_d0186518_15204020.jpg


「アルガン石けん」


解禁日:2019年9月11日


オリーブ油
パーム核油
アルガン油
パーム油
カカオバター
EO:ラベンダー・ベンゾイン・パチュリ



「アルガン石けん」_d0186518_15225196.jpg




すっかり わたしにとって
無くてはならない石けんになりました。

高価なオイルを使用しなくなくても
良い石けんはできますが、

アルガンオイルは格別です。


このリッチな使用感は
アルガン石けんだからこそ味わえる。



「アルガン石けん」_d0186518_15212097.jpg


ラベンダーの香りをベースに
ほんのり甘く、深みある香りブレンド。

日々の疲れや緊張をほぐし
心をやわらげる 

そんな香りです。


「アルガン石けん」_d0186518_15201018.jpg

「アルガン石けん」_d0186518_23302480.gif
お風呂で気分をリセットする。


■AromaRoom ホームページ 
http://www.aromaroom-salon.com/

■石けん情報→




# by ayakongg | 2019-09-19 16:04 | 石けん(新作)

「オタネニンジン」


「オタネニンジン」_d0186518_12472982.jpg

「オタネニンジン」

解禁日:2019年9月8日


オリーブ油
パーム核油
パーム油
シアバター
ホホバ油
ひまし油
OP:オタネニンジンエキス
EO:イランイラン・パルマローザ・パチュリ



石けんにオタネニンジンエキスを配合。

オタネニンジンの効果はこちら↓

保湿 抗炎 抗酸化 血行促進 肌荒れ 育毛
オタネニンジンは、朝鮮人参・高麗人参とも呼ばれます。根にはアミノ酸・サポニン・ビタミン類等が含まれる。
中国では昔から美肌成分として肌を整え、免疫力を高めるといわれ老化や保湿、抗酸化作用、血行促進とアンチエイジングとして重宝された。また、育毛美容液としても配合されることが多く、近年では太く長くしたいとまつ毛美容液にも配合されている。 引用先:オレンジフラワー


「オタネニンジン」_d0186518_12475898.jpg

石けん本来の色

飾らない石けんが好きです。


そんなシンプルな石けんでも
泡立てた瞬間から石けんの
個性を発揮するのです。


東洋的な甘いフローラルな芳香と
滑らかでクリーミーな泡立ち
夏バテした肌が癒されるようです。



「オタネニンジン」_d0186518_12470108.jpg

洗いながらも
肌と心が満たされる

それこそが
大人のエイジングケア。

「オタネニンジン」_d0186518_23302480.gif

イランイランは
心と身体に至福をもたらす香り


■AromaRoom ホームページ 
http://www.aromaroom-salon.com/

■石けん情報→




# by ayakongg | 2019-09-19 15:11 | 石けん(新作)

9月の石けん作り開始

残暑お見舞い申し上げます。

今年の夏も暑くて
沢山汗かいたぁ~


で、気付いたら作った石けんも
あーと言う間に無くなっていた。

今、慌てて石けん製作中です。



石けん作りに興味を持ち始めて
自分で作り始めてから
かれこれ8年が経ちました。


わたしは過去に、
石けん教室も講座も、
参加した経験が一度もなく、

教えることも興味が無いから、
資格も持っていない。

だって、石けん作るのに資格なんて
必要ないと思っているから。

そこにお金を掛けるくらいなら
オイルと精油を贅沢に買って
沢山石けんを作りたい。


そんな私ですが、

8年も石けん作りしていても、
いまだに失敗している。

石けんも化学の世界。
何でだ?ってことが
たまに起きる。

最近も石けんが固まらなくて
全部破棄(泣)

未だに原因が分からない…

おまけにラベンダーを漬け込んでいた
オリーブオイルだったから
かなり凹んだ。。。。


それでも

石けん作りは楽しい。

石けんを使うと
肌が喜ぶことを
知っているから。

だから8年間も
作り続けているんだし、

婆さんになっても
きっと作り続けていると思う。



9月の石けん作り開始_d0186518_17421840.jpeg


9月の石けんの解禁予定


9月8日  オタネニンジン(オタネニンジンエキス配合の石けん)
9月11日 アルガン石けん(甘い?ラベンダーの香り)
9月21日 ホワイト5(美白効果のある5つの植物エキス入り) 



9月の石けん作り開始_d0186518_17382621.jpeg
はちみつを入れると
美味しそうなキャラメル色になります。




今では石けんでしか顔を洗わないし
化粧水もかれこれ使っていない。

夜は何も付けずに寝ることが多く、
肌の乾燥が気になった時だけ
シアバタークリームを少し塗る程度。

それでも肌は全く問題なし。


この歳で、肌に何も付けないことが
問題アリのように思われるけれど、

ベタベタと塗りたくっていた頃の方が
肌は問題アリアリだったから。


これも石けんのお陰です。



9月の石けん作り開始_d0186518_23302480.gif

45歳で化粧水いらず



■AromaRoom ホームページ 
http://www.aromaroom-salon.com/

■石けん情報→



# by ayakongg | 2019-08-25 22:31 | 石けん(あれこれ)

「ローズゼラニウム」

「ローズゼラニウム」_d0186518_16465516.jpg

「ローズゼラニウム」


解禁日:2019年7月22日


オリーブ油
パーム核油
パーム油
シアバター
ホホバオイル
OP:ローズクレイ
EO:
ローズゼラニウム
パルマローザ
クラリセージ




いつも同じようなレシピの石けんを
作っているように見えますが、

オイルやバターの種類、配合量は
毎回作る度に変えています。

もちろん香りブレンドも配合する量も
その時の私の気分ですが


毎回作る石けんは「オンリーワン」の
石けんということです。

だからこそ解禁日が
待ち遠しいです。


「ローズゼラニウム」_d0186518_16444164.jpg

「ローズゼラニウム」なんて書くと
「ローズ」と「ゼラニウム」のブレンド?
って思ってしまいますよね。

ローズゼラニウムは
ゼラニウムのことです。

ゼラニウムは数多い品種が
あることで知られています。

品種が同じでも、産地が違うと
香りも微妙に変わります。

その区別を付けるために
ローズ調の香りがするものを
ローズゼラニウム(別名)と
呼ぶことがあります。

ややこしいですよね 笑

「ローズゼラニウム」_d0186518_16472016.jpg

今回石けんに使用したシアバターは
アフリカ工房さんの良質なシアバターを使用。

シアバターのメーカーが違うだけで
石けんの泡立ちや使用感が
微妙に変わってくるのですよね。


香りブレンドは

ホルモン調整作用や自律神経のバランスを
整えてくれる効果が期待できる香りです。

女性にとって癒しの石けんになるよう、
そんなイメージで作りました。




手作り石けんは、湿度の高い場所では、
非常に溶けやすい性質を持っております。





「ローズゼラニウム」_d0186518_23302480.gif

手作り石けんが溶けやすい理由は?

空気中の水分と結びつきやすい性質を持つ
天然のグリセリンがたっぷりと
含まれているからです。



■AromaRoom ホームページ 
http://www.aromaroom-salon.com/

■石けん情報→




# by ayakongg | 2019-07-22 16:39 | 石けん(新作)

竹炭石けん

竹炭石けん_d0186518_17202835.jpg

「竹炭石けん」


解禁日:2019年7月15日


オリーブ油
パーム核油
パーム油
シアバター
ホホバ油
ペパーミントEO
ローズマリーEO
ユーカリラジアタEO
OP:竹炭パウダー(日本産)



フランス産のクレイに対して、
こちらは日本産の竹炭です。


竹炭も、クレイと同様に
ミネラルが豊富に含まれており、

抗菌、浄化、脱臭効果があるとも
言われています。


石けんに練りこんだ竹炭は
超微粒子パウダーなので、

石けんで優しく洗いながらも、
毛穴の奥の汚れもしっかり
お掃除してくれることでしょう。


竹炭石けん_d0186518_17195953.jpg

香りは、スッキリ爽やかな
ペパーミントとローズマリーと
ユーカリラジアタのブレンド。

わたし的にはナイスなブレンドになり、
最近はこの石けんばかり使用している。


ラベンダーの落ち着く香りも良いけれど
夏はスーッとした清涼感ある石けんが
使いたくなるのです。


たっぷりなシアバターと
ホホバオイルも配合しているので

竹炭効果でサッパリするようで、
ちゃんと肌の保湿のことも
考えている石けん。


よく温泉街のお土産屋さんで売っている
サッパリし過ぎる竹炭石けんとは
違うよー。


竹炭石けん_d0186518_17205004.jpg



良い石けんを使っていると、
夏なんて化粧水を使わなくても
全然平気で、

わたしは化粧水の必要性を
あまり感じていません。



洗顔後は、
石けんの油分が肌に残るような
石けんしか作っていませんし、

そこまで必死に保湿する必要は
ないと思っています。


それと、


(ポイントメイク以外は)
石けんで落ちないようなメイクは
しない方が良いと思っています。


理由↓

落ちないメイクを落とすのには
それなりに強い洗浄剤が必要になり、
それを落とし続けていると、
必ず肌が荒れていく。
(肌のバリア機能が低下する)



じゃーこの時期は、
しっかりと日焼け止めを塗るから
しっかりとクレンジングが必要でしょ?


と、言うのであれば、


強力な日焼け止めを塗って、
強力なクレンジング剤で落として、
肌荒れをおこすぐらいなら、

日焼け止めを塗らずに
日に焼けた方がマシ!

と思っています。( ̄∇ ̄)


日焼け止めやクレンジング剤で肌荒れを起こし、
バリア機能が低下したその肌の状態で
紫外線を浴びる方が、よ~っぽど怖いよ。

ってことです。


わたしは石けんで落ちる程度の
日焼け止めしか塗らないです。


年齢を感じるお肌には
定期的にパックやマッサージの
お手入れが必要になることもありますが


基本、肌も畑と一緒で、

土俵が良くないのに
水や肥料ばかりあげてもどうなの?


ってことですね。


さて、健康な肌(良い土俵)にするには
どうしたらいいでしょう。



竹炭石けん_d0186518_23302480.gif
肌を何で洗うか?
そこがポイント☝


■AromaRoom ホームページ 
http://www.aromaroom-salon.com/

■石けん情報→





# by ayakongg | 2019-07-08 19:18 | 石けん(新作)